どうしようもない男たち①葉蔵

葉蔵とは太宰治の小説

人間失格の主人公である。

有名な第一の手記の書き出し

「恥の多い生涯を送って来ました」

葉蔵は人間というものがわからない。

そこでお道化を考え付き、他人を笑わせることで生きる術を得ようとして次第にその完成度は増して行くが、こともあろうに少し知恵遅れの同級生竹一に木端微塵に見破られる。彼を手懐ける必要性に駆られた葉蔵は

耳だれをおこした竹一を自宅に連れて帰り

膝の上に乗せ念入りに耳掃除をしてやったりして竹一のご機嫌取りをする。

その時「お前はきっと女に惚れられるよ」

と竹一に言われる。

葉蔵は女を虜にする何かを持っているようだ。

青森から東京へ出た葉蔵は本物の都会の与太者堀木と近づきとなり酒と女と左翼思想を知る。学校には殆ど行かずそれらにのめり込む。

銀座のカフェの女給(亭主持ち)に酒を飲ませて貰い一夜を共にする。その時はそれで終るが、堀木が現れ銀座で飲み明かそうと語り

カフェに行き二人ともほぼ一文無しで入り

またその女給の世話になる。酔いつぶれた葉蔵が目覚めた時はその女が居た。明くる日侘しさを漂わせた女の口から「死」という言葉が出て葉蔵もそれに同意し二人で鎌倉の海へ飛び込む。

葉蔵がその女と出会った日は僅か3日である。

女は死ぬが葉蔵は助かる。

自殺幇助罪に問われた葉蔵は父親の知合いに身元保証人となってもらい、その知合いの家に引き取られる。

高等学校も追放され、監視下に過ごすことに

耐えられなくなった葉蔵は堀木の家に向う。

そこで堀木を訪ねてきた女記者と出会い、

高円寺の女のアパートで1週間程同棲する。

女は離婚していて子持ちであった。

飲んで帰ってきた葉蔵が部屋に入ろうとすると親子の会話が聞こえ、この人達は幸せなんだと思い込むと部屋に入らず京橋のバーの

マダムの処に行き転がり込む。男妾のような生活をして1年程暮らすが、近所の煙草屋のヨシちゃんと知合い酒をやめてと言われる。

「やめたら結婚してくれるかい」と葉蔵が

冗談混じりで言うとヨシちゃんは「モチ」

よと答えてくれた。葉蔵は疑うことを知らないヨシちゃんと一緒になり、春になったら二人で

自転車に乗り青葉の滝を見に行こうと思い結婚する。

隅田川近くのアパートを借り二人で映画を見に行ったり、喫茶店に入ったり幸せな暮らしが訪れ、職業になりかけていた漫画の仕事にも精を出す。

そうしている内、堀木が現れ夜納涼の宴を催すこととなった。屋上で宴を催している時、

ヨシちゃんが漫画の代金を置いて行く男と

情を交えているところを見てしまう。

葉蔵は再び酒の世界に溺れ銀座裏を飲み歩いている時喀血する。薬局に飛び込んだ葉蔵は

そこの奥さんと顔を見合せ互いに涙する。

色々なビタミン剤を取り揃えてくれた

奥さんはどうしてもお酒がやめられないときはこれを使ってと言って特別な注射モルヒネを出してくれる。その奥さんとも仲良くなり、脅しすかししながらモルヒネを手に入れる。やがてモルヒネ中毒となり精神病棟に送られ癈人同様に成り果てる。

見かねた故郷の長兄が東京を離れ田舎で

療養生活を送るよう手配してくれる。

その療養生活でも付き添いのオバさんと変な関係になる。

“ 今自分には、幸福も不幸もありません。

ただいっさいは過ぎて行きます。”

 

ほぼ自伝であるが太宰本人は5回自殺を企てる。2回は1人で3回は心中である。

心中の1回目は小説にあるように鎌倉で

入水し女性だけ死亡、2回目はカルモチン服薬で二人とも未遂に終る。3回目に太宰本人も死ぬが、その前年には井伏鱒二の紹介で結婚した妻との間に3人目の子が生まれ、また愛人との間にも子供が生まれている。

玉川で入水するのは、会ってまだ1年足らずのまた別の太宰の熱烈なファンとである。