3つの好きなフレーズ

人生は一行のボオドレエルにも若かない。

             芥川龍之介(ある阿呆の一生)

 

生誕: あらゆる災難のうちで最初に訪れる

          最も恐ろしい災難   

             アンブローズ・ビアス(悪魔の辞典)

 

恥の多い、生涯を送ってきました。

             太宰治(人間失格)

 

1984年

上記は1948年に執筆された

ジョージ・オーウェルの小説のタイトル

である。

オセアニア国は′偉大な兄弟′ビックブラザー

により統率される一党独裁国家であり、

人民は双方向テレビジョン′テレスコープ'に

より常に監視、盗聴され、私的生活は存在し

ない。ビッグブラザーは正体を現さないが

反乱分子であり嘗てはビッグブラザーと同等の地位にあったゴールドスタインへの憎悪を

テレスコープで煽り立て国民の思考を停止

させる。

 

党の3つのスローガン

   戦争は平和である(War is peace)

   自由は屈従である(Freedom is slavery)

   無知は力である(Ignorance is strength)

 

現代中国ではAI付監視カメラが

国内各地に約1億7千万台設置され

今後3年間で推定4億台が追加される見通し。

 

旅行者は人識別監視メガネでスキャンされ

行動は当局の監視下に置かれる。

 

IoT&ドローン

IoT-Internet  off  Things

物のインターネット化

   家電、建物、車等身の回りのがあらゆる

   モノがインターネットで繋がる。

   家庭の内部まで盗み視られ丸裸となる。

 

Drone

 無人飛行機

 物を運ぶドローン、人を運ぶドローン

 ミサイル化するドローン。

 様々な機能を持ったドローンが

 空中を旋回する。

 ブン!ブン!ブン!蜂が飛ぶ🎵...???

 

ジョージ・オーウェル1984年を彷彿と

させる。

AI勝利の歴史

1997年  IBM制作のAIーDeep-Blueがチェス

               の世界王者に勝利

 

               NEC北米研究所が開発したAIー

               Logistelloがオセロ世界王者に

               6戦全勝

2011年  IBMが開発した質疑応答システム

               Watsonがジェパディ!という

               クイズ番組に挑戦し優勝100万$

               獲得      賞金は全額慈善事業に寄付

2016年  グーグルディープマインドにより

               開発されたAlphGoが囲碁トップ

               棋士に全勝

 

               米国シンシナティ大学制作のALPHA

               が空中シミュレーターでベテラン

               の元空軍パイロットに圧勝

 

2017年  東大大学生により開発された

               Ponanzaが将棋の名人に勝利

 

               AlphaGoが人類最強王者韓国棋士

               9段に勝利

 

               グーグルマインドがAlphGoゼロ

               開発. これは従来のAlphGoと違い

               プロ棋士との対戦データを一切

               学ばず自己対自己の対局を繰り返し

               打ち方を独学する。わずか3日間の

               学習でAlphGoに100戦全勝

 

AIはこれ等に留まらず俳句、短歌等情緒

の世界をも浸蝕しつつある。

紅葉を読んだ次の句

      旅人の国も知らざる紅葉かな

      ひざらしや紅葉かつ散り水に傷

俳句甲子園チャンピオンとAIの句である。

 

さてどちらがAIの句かわかるかな~?

 

AI 人工知能

AI(Artificial-Intelligence) 

 文字通り人工知能

  AIは今を去る約70年前に考案された。

  ドイツの 暗号機エニグマを解読し、

  第二次世界大戦において連合国に勝利を 齋   した影の立役者、生前その業績は 

  一切証されないまま41歳で謎の死を遂 げ   る、イギリスが生んだ天才数学者

 アラン・チューリングによって。

    彼は言った  "脳を作るぞ!"

 

  2045年問題 ―シンギュラリテイ

 

Technological-Singularity -技術的特異点

   "AIが人間の知能を凌駕する瞬間"

  アメリカの発明家、事業家レイ・カーツ

  ワイルが唱えた。

 

20年以内にはコンピューター内のニューロンの数は人間の脳ニューロン数を超え、コンピューターが意識を持つことが可能となる。

永続的にAIが進化しAIが自らを改良し、

自らを生み出す自己改善サイクルの

 "暴走反応"に入る。

もはや通常の人間には何が起こっているのか理解できない程マシン間で迅速に相互通信出来る状態となる。人間が蟻を意識しないで生活すると同様、AIは人間を意識しないで

' 生きる'。

 かくして人間の発明は終焉を迎える。

 

ヒーラモンスター

アメリカ毒トカゲ🦎、ヒーラモンスター

は体長50cm程でアリゾナ砂漠や草原など

乾燥地帯に住んでいる。

(有名なヒトのガン細胞ヒーラ細胞とは

関係ない)

獲物に咬み付くと下顎毒腺から分泌される

毒液が傷から入り呼吸中枢を麻痺させる。

人を襲うことはないが、唾液の毒が傷から

入った場合腫脹、嘔気、めまい等を引き起こす。

砂漠の過酷な環境下ではいつ餌が手に

入るかわからないため、ヒーラモンスター

は年に4回程しか餌を食べないと言われ、

小型哺乳類等獲物を飲み込んでも血糖が

上昇しない。この事象に着目したところ

唾液の有毒成分が内臓の働きをコントロ

ールしており、餌を食べない時は内臓の

活動を停止させ、餌を食べた時は再始動

させることがわかった。

1992年米国医師ジョンエンはこの唾液毒素

から単離した39個のアミノ酸からなる

ペプチドを人工的に合成し、exendin-4

と名付けGLP-1製剤の原点となった。

 

 

 

 

モーツァルトの音楽①

      <ロンド  イ短調>K511

 

切なく、悲しく溜息をつきながら

進行する半音階。涙せずには聴けない。

なぜモーツァルトはこのような曲を

書けるのだろうか?

ベートーベンの熱情、月光、悲愴、

後期3大ピアノソナタどれも素晴らしい。

しかし涙に濡れることはない。