東京三大豆大福

豆大福なぞ滅多に食べることはない。

どのみちそう代わりばえしないものだと思っていたからだが、東京三大鯛焼き屋があるように東京三大豆大福屋があるのだということは知っていた。泉岳寺にある松島屋、護国寺近くの郡林堂、原宿の瑞穂の三店である。

このうち原宿瑞穂はこし餡なので却下した。ある人から「松島屋と群林堂とどちらも並んで買って食べたが松島屋の方が断然旨い」と聞いたので、それを買ってみようと思い立った。どうも脳というものはそんな気紛れに支配され易いのか、その豆大福を買うまでは"豆大福松島屋"という続け様の囁きが聞こえて来て仕方がない。

松島屋の創業は大正7年(1918)で宮さまの邸宅があった近くに店を構え昔乍の味で今に至って居ると云う。店売りの他に日本橋三越銀座三越日本橋高島屋新宿高島屋、池袋東武等で販売している。各店デパートのバイヤーが松島屋迄出向いて100~200個と買い求め各曜日毎に其々のデパートで限定販売している。例えば池袋東武デパートでは土曜日12時頃から販売開始し1人5個迄で売り切れ次第終了となる。松島屋以外の他2店はデパート等始め他所で販売する事はない。

松島屋の場合は都合の良い日にデパートへ出掛けて買っても良いのだが…

となると他に食べたい吉備大福、みたらし団子を手に入れることが出来なくなるので結局店に行くということにした。

 

JRではゲートウェイ駅、都営浅草線では泉岳寺駅都営三田線では白金高輪駅が最寄り駅となる。只3つの駅いずれからかも7~10分程度掛かるので遠い。特にゲートウェイ駅、泉岳寺駅からは急勾配の伊皿子坂を登るので

きつい。

白金高輪からだと坂を登らなくて済むのだが迷うのも嫌なので詳しく道順を調べているうち、JR品川駅港南口から出発する、品川区運営の「ちぃばす」に乗り高輪1丁目で降りれば松島屋は目と鼻の先であることを知った。故にそれに乗って行くことにした。交通事情もあるが通常は10分程で到着する。バスを降りると赤と白の縦縞模様のテントの店がまさに目の前にあった。開店時間の9時半頃であったが案の定既に行列は出来ていた。店は狭く客は2人しか入れない。30分程並んで豆大福、吉備大福、みたらし団子を買った。

品川駅港南口ちぃばす乗り場
f:id:gaganbox:20220513224336j:image
f:id:gaganbox:20220513224349j:image
松島屋店頭
f:id:gaganbox:20220513224245j:imagef:id:gaganbox:20220513224303j:image

吉備大福と豆大福各1個190円
f:id:gaganbox:20220514215147j:image
みたらし団子1本160円

f:id:gaganbox:20220514215128j:image

帰りは下り坂なので伊皿子坂を歩きJRゲートウェイ駅から山手線に乗った。

 

近くに泉岳寺はあったが私は忠臣蔵には興味が無いので寄らずに帰った。

忠臣蔵に関して私が思い起こすのは芥川龍之介の短編「或日の大石内蔵助」という作品である。仇討ちが成り細川家預かりとなっていた赤穂浪士の面々が江戸中に仇討ちが流行っていることや、頻りに内蔵助を褒め称えることに対して、全く違った感情を抱く内蔵助の複雑な胸中を芥川が見事に読み取ったかのような珠玉の短編である。以下はその最後の文章である。

「冴え返る心の底へしみ透って来る寂しさは、この云いようのない寂しさは、一体どこから来るのであろう」

内蔵助は、青空に象嵌をしたような、堅く冷い花を仰ぎながら、いつまでもじっと彳(たたず)んでいた。

 

 

JRゲートウェイ駅から品川駅までの縦に繋がる街づくりが進行中の品川開発プロジェクト
f:id:gaganbox:20220527232953j:imagef:id:gaganbox:20220527233027j:imagef:id:gaganbox:20220527233155j:image

 

 

ニューオータニに「さつき」という店がある。

私はここのスーパーエクセレントだか、エクセレントスーパーだったか、そういった名の付くケーキを数回食べたことがある。

所謂ショートケーキの大きさで1個(1ピース)3000~4000円以上する。厳選された素材のみで作られるケーキなのだが値段が値段だけに旨いのは当たり前という思い込みもあったからか食べて感動したということもなかった。

ところが松島屋の190円の豆大福を頬張ってみると「アァ~これは旨いなあー」と思わず感動してしまった。一緒に買った吉備大福も実に旨い。ニューオータニの高級ケーキと較べるのもどうかと思うが高級ケーキで味わえなかった感動を190円の豆大福で得たのも不思議な気がする。

 

後日有楽町線護国寺駅で降りて、3店のうちの1つである群林堂の豆大福も買ってみた。此方も大正5年(1916)創業の老舗である。音羽の改札に向かい講談社への出口方面へ出ると講談社の反対側に店が見える。店は護国寺から江戸川公園に続く音羽通りにある。住所は文京区音羽町群林堂の並びには光文社、裏手には御茶ノ水女子大学や筑波大学附属高校が、反対側には日本女子大学講談社と在りまさしく文京区だ。

買った日は余り並んで居なかったが、ここもほぼ毎日行列が出来るようだ。松島屋、群林堂とも100年以上変わらぬ味で営業を続けている。


f:id:gaganbox:20220525230115j:imagef:id:gaganbox:20220525230130j:image

鹿子と豆大福
f:id:gaganbox:20220525225822j:image

みたらし団子
f:id:gaganbox:20220525225837j:image

光文社
f:id:gaganbox:20220525225916j:image

講談社

f:id:gaganbox:20220525230022j:imagef:id:gaganbox:20220525230057j:image

個々の好みはあると思うが筆者は松島屋の方が好みである。

東京はあちこちで開発プロジェクトが進行中のエネルギッシュな街であり、江戸から昭和にかけての懐かしい佇まいが至る処で見られるノスタルジックな街であり、相変わらず行列をしてまで買おうとする100年以上続く小さな大福屋が存在する街でもある。

 

以上東京豆大福顛末記でした。

 

 

 

KIOI-ROSE-WEEK2022と青いバラ

紀尾井ガーデンテラスは紀尾井レジデンスと旧李王家東京邸を復元した赤坂プリンスクラシックハウスからなる複合施設で赤坂プリンスホテル跡地に建設され2016年に開業した。

此処4階にある紀尾井ローズガーデンでは約90品種600株の薔薇が見頃を迎えている。

期間中はインスタグラムキャンペーンやトークショーを始め、香りを楽しむワイン٠ティー٠スィーツ等飲食が提供されたり、結び目で楽しむ数学等薔薇に関するイベントも実施される。又夜は一部ライトアップされ、幻想的な夜の薔薇を見ることが出来る。


f:id:gaganbox:20220527085702j:imagef:id:gaganbox:20220527085839j:imagef:id:gaganbox:20220527085930j:imagef:id:gaganbox:20220527090532j:image

李王家東京邸.中はレストランになっている
f:id:gaganbox:20220527090557j:imagef:id:gaganbox:20220527090637j:imagef:id:gaganbox:20220527090713j:image

青い香り?がするという夜来香(イエライシャン).

私は"青い"という言葉に釣られ、記憶の中にあった存在し得ない青い薔薇をサントリーが作ったという話を思い出し、其の青い薔薇が見られると勘違いして来てしまったのだが無論此処に其の青い薔薇は無かった。

夜来香はブルー系と柑橘系の香りが入り混じった薔薇ということらしい(下の写真)
f:id:gaganbox:20220527184608j:image

Blue Rose”は不可能、存在しないということを象徴していた言葉だった。現存する薔薇の殆どが人工交配により作られて来たが(ナポレオンの最初の妻ジョセフィーヌがマルメゾン宮殿の庭で世界中の薔薇を集め交配させていたことが後の薔薇栽培に大きな影響を与えたという)薔薇の花には青い色素を作る遺伝子が存在しないため幾度交配を繰り返しても青い薔薇は出来ない。1990年サントリーは遺伝子組換え技術を用いて不可能への挑戦を始めた。

即ち他花の青色色素遺伝子を取り出し、それを薔薇の遺伝子に組込み青を発色させるという試みであった。実験は困難であったが、青い薔薇の前に1995年青いカーネーションを作ることに成功した。カーネーションも又青色色素を持たない花であった。このカーネーションは"Moondust"と呼ばれ1997年発売された。

色調は青紫色で花言葉は「永遠の幸福」

この青色カーネーションの成功が弾みとなり遂に2004年世界初の"Blue Rose"が作られた。開発から14年の月日が経っていた。研究成果は科学誌「Nature」にも掲載された。

"SNTORY bluerose Applause"と名付けられたこの薔薇は遺伝子組換え技術からなるものなので生物多様性に影響を与えないことを証明する必要があった。その証明に更に4年の歳月を費やした後Applauseは発売された。

アプローズは喝采を意味し、花言葉は「夢かなう」である。色調は青というより薄紫色に近い。1本3000円程して高価であるが通販で購入出来る。

真っ青な薔薇も販売されているが、これは

染色によるものでサントリーのような高度な技術は要せず価格も1本600円程で販売されている。珍しい青い薔薇であれば何でもいいということかも知れない。

 

f:id:gaganbox:20220527090826j:imagef:id:gaganbox:20220527090857j:imagef:id:gaganbox:20220527093203j:image
f:id:gaganbox:20220527091351j:imagef:id:gaganbox:20220527091423j:imagef:id:gaganbox:20220527091442j:imagef:id:gaganbox:20220527092116j:imagef:id:gaganbox:20220527092524j:image
f:id:gaganbox:20220527092149j:imagef:id:gaganbox:20220527092220j:image
f:id:gaganbox:20220527092239j:image
f:id:gaganbox:20220527092335j:imagef:id:gaganbox:20220527092444j:imagef:id:gaganbox:20220527093015j:image

 


此処は何度も訪れているが冬のイルミネーションもなかなか楽しめる。
以下はコロナ禍前2018年クリスマスの日のガーデンテラス催物の様子。


f:id:gaganbox:20220527094026j:image


12/25 花のテラスで行われた

クリスマスライブショー
f:id:gaganbox:20220527094127j:image
f:id:gaganbox:20220527094154j:image

弁慶橋から

微風で少し揺らいでいるが弁慶濠に映る光の帯の煌めき







 

 

 

並木通りのステーキ店岡半本店

銀座並木通り7丁目にある岡半は、新橋の高級料亭金田中の姉妹店であり、東京でも故郷の松阪牛の味を堪能して貰いたいとして昭和28年に開店したステーキ専門店である。

名前の「岡半」は文豪吉川英治が名付けたと云う。

金田中ビルの8階にあるので銀ブラ程度の散策ではなかなか見つからない。

SNSか美味しいものランチの雑誌で知り、訪ねることでもしない限り。

私はSNSで知り、平日の12時頃行ったのだが

エレベーターを8階で降りた処、フロアは人で溢れ予約の書き込みすら出来ない状態だった。仕方無しにランチ終了近くの13時過ぎに再訪することにして、月光荘とか他に行きたい場所等が何処にあるか確認しながら銀座の街をそぞろ歩いた。並木通り、みゆき通り、スズラン通り、ガス灯通り、レンガ通りなど1時間程廻って再び岡半に来た。

10人位は待っていたが予約表に書き込み外に出てる客もあるので席順は15番目位だったかと思う。待ち椅子はあったが座れなかった。

空腹でこれ以上動くのも難儀になっていたので待つことにした。夜は松阪牛が中心で万単位の料金だが昼は2000~4000円とかなりリーズナブルな料金となる。勿論松阪牛ではなく黒毛和牛(常陸牛)である。私はロースとフィレが半々ずつ食出来る特製ランチ3800円のものを注文した。席に案内されたのは40~50分後してからだった。


f:id:gaganbox:20220506042847j:imagef:id:gaganbox:20220506042922j:image

目の前の鉄板で焼いて提供される。

ビルは新しくはないが内装は流石に洗練されており、外に植栽を呈した和の空間がある。

窓の外に見える目の前の白い一面の壁は、資生堂が運営する超高級フレンチレストラン「ロウジエ」である。

大きな白壁の建物はやはり、分からなければ通り過ぎて行くだけだろうし、ここに入るのにはある種の緊迫感が必要だろう。


f:id:gaganbox:20220506043020j:image
〈野菜と肉のたれ〉
f:id:gaganbox:20220506042946j:image

〈スープ、目前で焼かれた黒毛和牛、味噌汁、ライス、私は垂れは殆ど浸けなかった〉
f:id:gaganbox:20220506043045j:image

〈食後別室で珈琲、紅茶、又は抹茶が提供される。今回は抹茶にした〉
f:id:gaganbox:20220506043110j:imagef:id:gaganbox:20220506043125j:image

銀座で此れだけの味を3800円で食することが出来るのは実に嬉しい。店の方に「いつもこんなに混むのですか」と聞いたところ数ヶ月前誰かのSNSで紹介されたのがきっかけになり此処のとこずっとこんな感じだと云うことだった。多忙な中でも接客態度は実に丁寧であった。

「懲りずにまた来てください」と言われたので「また来ます」といって店を後にした。

六本木のドイツレストラン ツムアインホルン

泉ガーデンタワー南北線の六本木1丁目駅と直結している。エスカレーターを昇り切ると泉通りに架かるいすみ橋に出る。

桜はすっかり散ってしまったがこの橋の上から見る桜並木も都区内花見名所の1つである。筆者は3年前の満開時に訪れたが光の演出で浮かびあがる夜桜も幻想的だった。

〈2019年の夜桜〉
f:id:gaganbox:20220503174940j:image

 

以降は2022年4月

泉ガーデンタワーのオブジェ〉f:id:gaganbox:20220423170312j:image

〈アーバンコリドール〉

f:id:gaganbox:20220423170334j:image

〈泉はしと躑躅
f:id:gaganbox:20220423170414j:imagef:id:gaganbox:20220423170428j:imagef:id:gaganbox:20220423170449j:imagef:id:gaganbox:20220423170500j:image

泉屋博古館東京〉
f:id:gaganbox:20220423170527j:image

〈泉通り〉
f:id:gaganbox:20220423170605j:image

永井荷風が20年間住んでいた泉偏奇館跡

泉ガーデン内にある〉
f:id:gaganbox:20220423170625j:image

 

〈御組坂〉

江戸幕府御先手組(おさきてぐみ)は戦時に

先頭部隊となり常時は火付盗賊を取締る任に当たっていた.

南側に屋敷が在ったことから坂の名となった.

 

泉通りからこの坂を登ると六本木ファーストビル前に至る.
f:id:gaganbox:20220423170945j:image

スウェーデン大使館前〉
f:id:gaganbox:20220423171608j:image
〈左が仙石山森タワー右がファーストビル〉
f:id:gaganbox:20220423171016j:imagef:id:gaganbox:20220423171042j:image

〈ドイツレストラン・ツムアインホルン〉

ファーストビル地下1階にある.
f:id:gaganbox:20220423171110j:imagef:id:gaganbox:20220423171125j:image

ランチコース

〈前菜〉
f:id:gaganbox:20220423171147j:image

〈グラッシュスープ〉
f:id:gaganbox:20220423171158j:image

〈メインのローストビーフ
f:id:gaganbox:20220423171210j:image

〈デザートと珈琲〉
f:id:gaganbox:20220423171252j:image
f:id:gaganbox:20220423171308j:image

ヨーロッパ有名各店で修行を積んだオーナーシェフは日本へ帰国後他店レストランのシェフを経て1994年ツムアインホルンを開業した。

クラシック音楽にも造詣が深く、バッハ、ハイドンモーツアルトベートーヴェンブラームスワーグナー等11人の作曲家の生立ちやその後の活躍及び彼等が食したと考えられる料理に関して著した書物も出版している。

開店は11:30なので10分過ぎに入店した。

入店が早かったので席は空いていたが、既に5,6席は予約済の状況だった。

更に続々と客が入り直ちに満席となった。

何組かは入店出来なかったようだ。

名物のアスパラガスの季節になると更に忙しくなるようで長年この地で営業を続けている名店の力量が感じられる。

時間があればシェフと音楽のことなど話してみたかったが料理に忙殺されていたシェフは今回厨房から出ることはなかった。

 

 

 

 

皇居東御苑の桜 2022年3月

千代田線の大手門駅を出て東宮御所に向かうf:id:gaganbox:20220411141406j:image

〈桔梗濠.枝垂れ桜.大手門〉
f:id:gaganbox:20220411141450j:imagef:id:gaganbox:20220411141525j:image

〈大手門内側より〉
f:id:gaganbox:20220411141603j:imagef:id:gaganbox:20220411141628j:image

 

〈白鳥濠と汐見坂〉

江戸初期は日比谷の入江が近く迄入り込み

この坂から海が眺められた.
f:id:gaganbox:20220413202125j:image

白鳥濠上の展望台から大手町方面f:id:gaganbox:20220418140930j:image

本丸休憩所附近の桜f:id:gaganbox:20220423161349j:image

大奥跡地
f:id:gaganbox:20220417125038j:imagef:id:gaganbox:20220424212014j:image

寒緋桜(カンヒザクラ)
f:id:gaganbox:20220417125315j:image


オハツモモ
f:id:gaganbox:20220417215711j:image
f:id:gaganbox:20220429093242j:image
f:id:gaganbox:20220429093442j:image
f:id:gaganbox:20220417160348j:image

薬缶(ヤカン)桃
f:id:gaganbox:20220417160456j:imagef:id:gaganbox:20220429093337j:image


仙台屋(センダイヤ)
f:id:gaganbox:20220423153219j:image

八重紅枝垂
f:id:gaganbox:20220418135245j:image

 

f:id:gaganbox:20220418135359j:imagef:id:gaganbox:20220418135431j:image

 

〈富士見多聞前からの眺め〉

多聞とは長屋造りの防御施設で、この多聞と伏見櫓の左右の多聞が現存している.
f:id:gaganbox:20220418141218j:image

 

〈桜の島の桜〉

約30種ある東御苑の桜がこの島にある

f:id:gaganbox:20220418141501j:image

 

天守台〉

天守閣は1657年の明暦の大火で焼失.

以後再建を目指し天守台が築かれたが、その後幕府内で天守閣不要の結論が下され、天守台のみが現在残っている.

表・中奥・大奥等の江戸城本丸御殿はこの天守台から見える大芝生とその周辺に建ち並んでいた.

f:id:gaganbox:20220418141613j:image

天守台近くの大島桜f:id:gaganbox:20220424212257j:image
天守台附近の染井吉野
f:id:gaganbox:20220429094551j:image


天守台からの眺望〉

花桃と桃華楽道
f:id:gaganbox:20220418141754j:image

大手町方面

f:id:gaganbox:20220418141840j:image

 

〈桃華楽堂と花桃

桃華楽堂は1966年(昭和41)昭和天皇皇后香淳皇后の還暦を祝し建設された.f:id:gaganbox:20220421152437j:image
f:id:gaganbox:20220421152529j:image

中之門跡近くに咲いていた木瓜(ボケ)の花

f:id:gaganbox:20220424213138j:image

 

〈パレスホテル前の桜〉f:id:gaganbox:20220425131423j:imagef:id:gaganbox:20220425131502j:image

 

〈和田倉噴水広場〉f:id:gaganbox:20220425131636j:imagef:id:gaganbox:20220425131649j:image

中之門跡から大手門を出で江戸城退出

バレスホテル、和田倉噴水広場を経てJR東京駅へ…

 

新宿御苑 遅咲きの桜 2022.4.12

多分オリンピック前であろうが、いつの間にかリニューアルされていた千駄ヶ谷駅.
f:id:gaganbox:20220412171651j:image

津田塾大学も新築されていた.

この学校の創設者は次回5000円札の肖像となる津田梅子.
f:id:gaganbox:20220412171928j:image

隈研吾設計の新国立競技場
f:id:gaganbox:20220412172131j:imagef:id:gaganbox:20220412172233j:image

新宿御苑 千駄ヶ谷
f:id:gaganbox:20220412172252j:image

新宿御苑は周囲3.5km、面積約18万坪(59万㎡)に及ぶ広大な庭園である。徳川家康家臣内藤家の下屋敷であったそうで、1872年(明治5)当地に牧畜園芸の改良を目的とした内藤新宿試験場が設置された。1877年(明治10)には後の東大農学部東京農業大学の前進となる農事修学場が開校され、マスカット・林檎・枇杷・苺等多くの果実、野菜の育成、栽培が行われた。マスクメロンもこの新宿農業試験場が発祥の地である。その後1906年(明治39)皇室の庭園となり、1949年(昭和24)に一般に公開された。桜の植樹は明治・大正時代に行われており、現在65種類、約1100本の桜がある。最も多いのは染井吉野で400本、次には八重桜の一葉160本、関山100本、普賢草70本と続く。御苑を代表する桜は一葉であるらしい。

染井吉野が満開を向かえる3/19~4/10日迄は事前予約が必要だったが、10日以降は予約なしで入園出来る。

染井吉野が散り去ってさっぱりしたところで遅咲きの桜を見るのも乙なものだ。

偏見かも知れないが遅咲きの桜の方が美しくて気品がある。

門は新宿、大木戸、千駄ヶ谷と3ヵ所あるが今回は千駄ヶ谷門から入園した。

園内はS(南)E(東)N(北)W(西)と分かれており、其々番号が附けられている。自分で順番を決めて効率良く廻ればよいのだが、終いには余りの広さにどうでも良くなってしまう。

 

桜を見る前にチューリップ
f:id:gaganbox:20220412172922j:image

関山(カンザン)

f:id:gaganbox:20220413225515j:imagef:id:gaganbox:20220413225816j:image
f:id:gaganbox:20220413225636j:image
f:id:gaganbox:20220413225650j:image
f:id:gaganbox:20220413230041j:image
f:id:gaganbox:20220413230001j:image
旧洋館御休所と関山
f:id:gaganbox:20220413230111j:image
f:id:gaganbox:20220413230158j:image
一葉(イチヨウ)

f:id:gaganbox:20220413230417j:imagef:id:gaganbox:20220413230451j:imagef:id:gaganbox:20220413230556j:image
f:id:gaganbox:20220414004351j:image
f:id:gaganbox:20220414004538j:image
三葉躑躅(ミツバツツジ)
f:id:gaganbox:20220414020705j:image
f:id:gaganbox:20220414021029j:image
プラタナス並木
f:id:gaganbox:20220415161806j:image

上の池、中の池、下の池があるが此処は中の池前の眺め
f:id:gaganbox:20220414014453j:image
三角花壇のチューリップ
f:id:gaganbox:20220414014725j:image
茶室翔天亭
f:id:gaganbox:20220414014828j:image

茶室楽羽亭
f:id:gaganbox:20220416230834j:image
日本庭園
f:id:gaganbox:20220414014909j:image
f:id:gaganbox:20220416231001j:image
f:id:gaganbox:20220416231038j:image
f:id:gaganbox:20220417084802j:image
f:id:gaganbox:20220417084655j:image
f:id:gaganbox:20220417084945j:image

他園内各所
f:id:gaganbox:20220414014937j:image
f:id:gaganbox:20220414015021j:image
f:id:gaganbox:20220417084428j:image
f:id:gaganbox:20220415162907j:image
ハンカチの木か?花名札がなかったので確実性は無い
f:id:gaganbox:20220415201405j:image
普賢象(フゲンゾウ)
f:id:gaganbox:20220415163110j:image
f:id:gaganbox:20220415163158j:image
福禄寿(フクロクジュ)

f:id:gaganbox:20220415200407j:image
f:id:gaganbox:20220415200502j:image
八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)

f:id:gaganbox:20220415202020j:imagef:id:gaganbox:20220417095234j:image
兼六園菊桜(ケンロクエンキクザクラ)
f:id:gaganbox:20220413164850j:imagef:id:gaganbox:20220413164940j:image
f:id:gaganbox:20220413165041j:image
梅護寺数珠掛桜(バイゴジジュズカケザクラ)
f:id:gaganbox:20220413165155j:image
f:id:gaganbox:20220414134424j:image
楚々として咲き残っていた染井吉野
f:id:gaganbox:20220414011509j:image
散ってしまっていた白妙(シロタエ)
f:id:gaganbox:20220415201026j:image

駿河台匂(スルガダイニオイ)
f:id:gaganbox:20220414005044j:imagef:id:gaganbox:20220414005126j:image
市原虎の尾
f:id:gaganbox:20220414010007j:image
f:id:gaganbox:20220412174320j:image

京都老舗和菓子、笹屋伊織売店
f:id:gaganbox:20220414134821j:imagef:id:gaganbox:20220414135016j:image
福来どら焼苺 800円  美味
f:id:gaganbox:20220414134904j:image

中央休憩所附近
f:id:gaganbox:20220414134949j:imagef:id:gaganbox:20220415161642j:image

紅豊(ベニユタカ)
f:id:gaganbox:20220414010617j:image

大島桜(オオシマザクラ)
f:id:gaganbox:20220414010933j:image
f:id:gaganbox:20220415200622j:image

江戸(エド)
f:id:gaganbox:20220414011127j:imagef:id:gaganbox:20220417155525j:image

鬱金桜(ウコンザクラ)
f:id:gaganbox:20220414011704j:imagef:id:gaganbox:20220414011812j:imagef:id:gaganbox:20220414011911j:imagef:id:gaganbox:20220414012003j:image
f:id:gaganbox:20220414144244j:image

御衣黄(ギョイコウ)
f:id:gaganbox:20220414015319j:imagef:id:gaganbox:20220414015543j:image
f:id:gaganbox:20220414015440j:image
f:id:gaganbox:20220414143105j:image
f:id:gaganbox:20220414143014j:image
御衣黄は御苑1100本の桜木の内の1木か2木あるのみで地図で場所を確認したつもりであったがなかなか見つからなかった。今回は御衣黄を見るのが主目的だったので、見ることが出来ない儘立ち去ることの喪失感は甚大である。気が付けば9時過ぎに入園してから4時間近くが経っており、いささか気落ちしていた処だった。

もう1度回って見付からない場合は諦めて帰ろうとしていた時、緑色の花を眺めている二人のご婦人に出会った。「あーこれか、やっと見付かった」と思って急ぎ足で其処に行った。
しかしそれは鬱金桜であった。鬱金御衣黄同様、広い庭園の中に多分1木しかない。いずれも緑色で目立たないので見ようとする意識が無ければ通り過ぎてしまう。

二人の婦人が「これは御衣黄ではなく鬱金なのよ」と話していたので「御衣黄は何処に在るかご存知ですか」
と尋ねたところ「あー其処にありますよ」と教えてくれた。何と直ぐ後ろにあったではないか。

肩の荷がやっと下りた気がした。「あーこれで安心して帰れる」と心の充足を感じた瞬間だった。

 

御衣黄はその名が示すように高貴なる方々が好んで身に纏っていた萌黄色の衣服に因み江戸中期頃に名付けられたと云われている。

鬱金との違いは花弁が肉厚で外側に反り返っていることと、花弁に含まれる葉緑素含量の相違等が挙げられる。御衣黄葉緑素が多くより緑が濃く、満開に近付くと花芯の条線が虹色を帯びて赤みを増す。

鬱金葉緑素が少なく淡い黄緑色で、香辛料として使用されているウコンの根茎で染めた色に似ていることから名付けられた。やはり御衣黄同様徐々に紅変し散り際には赤みが強くなる。

緑っぽい桜の御衣黄と黄色っぽい桜の黄桜鬱金と覚えておけばよさそうだ。

どちらも八重桜の一種でオオシマザクラを基にしたサトザクラに属しており

御衣黄花言葉は❲優美❳・ ❲永遠の愛❳

別名美人桜と呼ばれる鬱金花言葉

❲優れた美人❳・❲精神の美❳

 

 

 

 

 



高尾山頂~小仏城山 桜見 2022年4/8

毎年桜の時節になると都区内5,6ヶ所程の場所に花見に出掛ける。これ迄は都区内に限っていたが今回は故あって初めて23区内をはみ出して八王子市にある高尾山に赴いた。

ピーカンの日と桜満開はなかなか合致しないので、他の事を後回しにして7時頃マンションを出た。

ルートは京王線新宿駅~高尾山口駅(京王線)~高尾山駅(徒歩)~清滝駅(ケーブルカー)

~高尾山駅。以後は徒歩。高尾山山頂~もみじ台~一丁平園地~小仏城山迄。

帰りは同路だが一部巻き道を歩いた。京王新宿駅で7:48発の特急電車に乗車し、高尾山頂に着いたのは10時前だった。切符は新宿駅で新宿から高尾山頂駅までのケーブルカーを含む往復切符1390円を買った。別々に買えばケーブルカー往復料金だけでも950円するのでこれは随分お得である。切符売場でそのマークにタッチすれば買える。もっとも京王線新宿駅~高尾口間は往復720円なので半分以上は6分間のケーブルカー料金といえる。

〈当日のみ有効.往復1390円〉
f:id:gaganbox:20220411131703j:image

高尾山口駅
f:id:gaganbox:20220409163920j:imagef:id:gaganbox:20220409164013j:image

高尾山口からは徒歩3分で清滝駅に着く〉
f:id:gaganbox:20220409164210j:image

〈ケーブルカー乗場清滝駅

f:id:gaganbox:20220409164308j:imagef:id:gaganbox:20220409165155j:image
f:id:gaganbox:20220409164546j:imagef:id:gaganbox:20220409164623j:image
〈はなももとツツジか?〉
f:id:gaganbox:20220409164747j:image
〈山頂駅〉
f:id:gaganbox:20220409164857j:image

 

浄心門〉

これより先は聖域となる。邪なる思念を持って立ち入ってはならない。
f:id:gaganbox:20220409165237j:image

 

〈仁王門枝垂れ桜〉
f:id:gaganbox:20220409175132j:imagef:id:gaganbox:20220411140753j:image
f:id:gaganbox:20220411140727j:image

薬王院鳥居〉
f:id:gaganbox:20220409175522j:imagef:id:gaganbox:20220409233403j:imagef:id:gaganbox:20220409233440j:image

 

薬王院大本堂〉

天平16年(744)僧行基薬師如来を安置し開山した。
f:id:gaganbox:20220409175352j:image

薬王院飯繩権現堂〉
f:id:gaganbox:20220409233527j:image
f:id:gaganbox:20220409233545j:image
〈高尾山不動堂〉
f:id:gaganbox:20220409233603j:image



〈高尾山山頂559m〉
f:id:gaganbox:20220409233625j:image
f:id:gaganbox:20220409233657j:imagef:id:gaganbox:20220409233730j:image
f:id:gaganbox:20220409233744j:image


〈高尾山展望台から眺める富士山〉

この時季はピーカンでも春霞で富士をはっきりみることは出来ないことが多いのだが、今回は予想外の収穫と云えた。

桜とのコラボはまさに絶景かな!f:id:gaganbox:20220409233637j:image
f:id:gaganbox:20220409233844j:image
f:id:gaganbox:20220409233912j:image
f:id:gaganbox:20220409233940j:image
f:id:gaganbox:20220409233957j:imagef:id:gaganbox:20220409234016j:image

帰り13時頃には霞で富士の姿は全く見えなかった。従って、この時期、この姿を見るのなら12時前の登頂が肝要かなと…

 

もみじ台へと向かう。此処からは奥高尾。

〈もみじ台と休憩所〉
f:id:gaganbox:20220410093320j:image
f:id:gaganbox:20220409234145j:image
〈もみじ台からの富士の眺望と山桜〉
f:id:gaganbox:20220409234123j:imagef:id:gaganbox:20220409234208j:imagef:id:gaganbox:20220409234728j:imagef:id:gaganbox:20220409234757j:imagef:id:gaganbox:20220409234817j:imagef:id:gaganbox:20220409234845j:imagef:id:gaganbox:20220409234907j:imagef:id:gaganbox:20220409234925j:imagef:id:gaganbox:20220409235008j:imagef:id:gaganbox:20220409235042j:imagef:id:gaganbox:20220409235106j:imagef:id:gaganbox:20220409235136j:image

〈もみじ台から一丁平に木製の段々の間に咲いていたスミレ〉
f:id:gaganbox:20220411135913j:image

 

〈一丁平園地〉

f:id:gaganbox:20220410094228j:imagef:id:gaganbox:20220410094300j:image

〈一丁平休憩所、反対側にもある〉

f:id:gaganbox:20220410094319j:image

〈一丁平の山桜〉
f:id:gaganbox:20220410094340j:imagef:id:gaganbox:20220410094400j:imagef:id:gaganbox:20220410094427j:imagef:id:gaganbox:20220410094447j:imagef:id:gaganbox:20220410094512j:image

〈一丁平の休憩地点〉
f:id:gaganbox:20220410094558j:imagef:id:gaganbox:20220411133415j:image
f:id:gaganbox:20220411133445j:image
f:id:gaganbox:20220411133515j:image
f:id:gaganbox:20220410094614j:image

 

〈巻き道から見る一丁平の千本桜〉f:id:gaganbox:20220411132428j:image
f:id:gaganbox:20220411132549j:image
f:id:gaganbox:20220411132653j:image
f:id:gaganbox:20220411132732j:image

〈一丁園地展望台〉
f:id:gaganbox:20220410094652j:imagef:id:gaganbox:20220411133649j:imagef:id:gaganbox:20220411133710j:image

 

〈標高670m城山山頂は東京都と神奈川県の境目となる〉

高尾山山頂からここ迄は1時間程
f:id:gaganbox:20220411133912j:imagef:id:gaganbox:20220411134003j:image
f:id:gaganbox:20220411134421j:image
f:id:gaganbox:20220411134440j:imagef:id:gaganbox:20220411134506j:image
〈城山茶屋のおでん 500円〉
f:id:gaganbox:20220411134531j:image
〈広場からの眺望〉
f:id:gaganbox:20220411134657j:image

 

〈城山茶屋前の花畑〉
f:id:gaganbox:20220411134916j:image
f:id:gaganbox:20220411134941j:image
f:id:gaganbox:20220411135003j:image
f:id:gaganbox:20220411135024j:image
f:id:gaganbox:20220411135108j:image
f:id:gaganbox:20220411135147j:image
f:id:gaganbox:20220411135211j:image
f:id:gaganbox:20220411135234j:imagef:id:gaganbox:20220413154834j:image
f:id:gaganbox:20220411135305j:image
f:id:gaganbox:20220413150817j:image

〈山桜〉
f:id:gaganbox:20220411135341j:imagef:id:gaganbox:20220411135404j:imagef:id:gaganbox:20220411135519j:image

f:id:gaganbox:20220411135546j:image

〈花名不明〉
f:id:gaganbox:20220413150929j:image

〈ケーブルカー山頂駅から東京.神奈川方面〉f:id:gaganbox:20220411141946j:image
f:id:gaganbox:20220413163516j:image


京王百貨店8階レストランで食事を摂って帰路に就いた。

1924年(大正13)創業のコロンバン
f:id:gaganbox:20220411142202j:image
〈ミートペンネグラタンと春キャベツサラダセット 1590円〉
f:id:gaganbox:20220411142222j:image
f:id:gaganbox:20220411142248j:image

〈アイスモンブラン 880円〉
f:id:gaganbox:20220411142308j:image