ストラディヴァリウスの競演

2018年10/9(火)~10/15(月)の1週間

六本木ヒルズ 森アーツセンターギャラリーで

夢のような展覧会が行われた。

 

ヴィオラ1、ギター1、チェロ1、ヴァイオリン18を含めた21梃のストラディヴァリウスがここに集結した。アンドレア・アマティ作のヴァイオリン1梃が加わりその展示品総額は何と約210億円。

アントニオ・ストラディヴァリはその生涯(1648?~1737)に1000~1200梃の弦楽器(主にヴァイオリン)を製作し約500~600梃が現存している。

生涯に渡り製作を続け50代後半~70歳代が黄金期といわれる。

以前2回ストラディヴァリ没後250年の1987年クレモナと2013年ロンドンのアシュモレアン博物館とで展覧会は行われているが、

今回はアジア初であり、展示されている楽器

をヴァイオリン奏者が実演することも又初の

試みであるという。

不可能と云われたこの展覧会を実現された

中澤代表の5年に及ぶ労苦と実行力に敬意を評したい。

又多くの方々に感動を与えて

くれた演出力にも感銘を受けた。

クラシック音楽への造詣も深い朝岡聡氏の

演奏者を交えての軽妙な司会振りにも好感

が持てた。

所有者にとって自身が所有するストラディバリウスを1週間手放すということは相当の負荷を与えるようだ。

所有者、演奏者はこの1週間、楽器が展示

されている近郊に宿泊されたそうだ。

1日手離すと気持ちが離れることがある。

“昨日はあんなに素晴らしい音を出してくれたのに今日はなぜこうなの”

それがストラディバリウスであるらしい。

演奏者を導き、導かれた演奏者により得も言われぬ音色を出すことが出来る。

今回展示されたものは全て知名度の高い名器ばかりであるが、一般的に知られる著名人では高島ちさ子氏所有のストラディヴァリ晩年の傑作ルーシー(数億円?価格は非公開)やZOZOTOWN代表前澤氏が数日前に所有したばかりの鮮やかなオレンジレッドを放つ黄金期の名器ハンマ(約10億円?購入価格は非公開)も提供されていた。

ハンマは宮本笑里による実演が催された。

この日Xは行けなかったが10日(水)と14日の

2度入場した。

10日前半は川久保賜紀のグレヴィル・アダムス・クライスラー(クライスラーの手に渡ったことからこの名がある)、ダ・ヴィンチ(名称の由来はレオナルド・ダヴィンチ)による

バッハシャコンヌの演奏の弾き比べで、

弾いた本人も驚く程違った音色だった。

後半は二村英二自身の所有であるステラ(ステラとはラテン語で星、星のように輝く音色から名付けられた)によりピチカートを使う

高度なパガニーニソナタと中澤きみ子

(主催者母上)のダ・ヴィンチによる演奏が行われた。

14日(日)は神尾真由子のモーラン・ルビノフ(ヴァイオリン奏者モーランとルビノフが所有し、現在は神尾氏に貸与されている)

サン・ロレンツォ(マリー・アントワネットのお抱えヴァイオリニスト、名曲第22番イ短調コンツェルトでも有名なヴィオッティが使用していた黄金期の名器)によりタイスの瞑想曲

カルメン幻想曲(前半、後半交互に弾き

比べ)が演奏され拍手がなりやまなかった。

 

サンロレンツォ、クライスラーダヴィンチ、ルビノフ、ヴィオッティは宗次コレクション(CoCo壱番創業者宗次徳二氏の慈善活動)

から演奏者に無償貸与されている。

 

尚、余談であるがストラディヴァリウスのなかでも3つの特別な名器がありDAMと呼ばれる。Dはドルフィン、Aはアラード=バロン・ヌープ、Mはメサイアいずれもストラディヴァリ黄金期の1714~1716に製作されている。

この内ヤッシャ・ハイフェッツ(ロシア出身で1917年の革命を避けアメリカに渡った20世紀を代表するヴァイオリニスト)が長年所有していたドルフィンのみが現在日本音楽財団から諏訪内晶子に貸与され演奏に使用されている。

アラードは個人所有、メシアンはアシュモレアン博物館に所蔵。

 

東洋文庫ミュージアム

駒込駅南から本郷通りを進むと右に六義園

が見えてくる。そこから更に進み不忍通り

交差する信号を右折すると数分で東洋文庫に到着する。東洋学の研究図書館で三菱3代目当主岩崎久彌が1924年に設立した。

国宝5点、重要文化財7点を含む100万冊に

及ぶ蔵書がある。

まず国内最長の展示ケース、

オリエントホールが目に入る。

階段を登ると日本一美しい書庫と云われる

モリソン書庫の圧倒的な追力。
f:id:gaganbox:20181014174850j:image
f:id:gaganbox:20181014174914j:image

モリソン書庫
f:id:gaganbox:20181014174940j:image

知恵の小径

 

本館右の扉を開けると小岩井農場とコラボ

したオリエント・カフェに通じる

‘知恵の小径’が真っすぐに伸びる。


f:id:gaganbox:20181014175058j:image

カフェ、チーズやアイスクリーム、
ふわとろオムライス、カレーライス、

小岩井農場産のサーロインステーキ、ハンバーグ等が中庭のシーボルトガルテンを見ながらゆったりとした雰囲気で味わえる。

ランチやディナーは珈琲又は紅茶デザート

付き。

リーズナブルで洒落たレストランだ。

味も良く上質の時間を堪能できる。

 

日本橋界隈


f:id:gaganbox:20181016173228j:image

オープンした高島屋新館
f:id:gaganbox:20181016173253j:image

新館と旧館(百貨店初の重要文化財

竣工は昭和8年)

 

本日9/30(日)夜には嘗てない程の非常に強い勢力の台風が関東地方にも上陸するらしい。

中心気圧は950hPa、最大瞬間風速60m、

中心から半径220km以内では25m以上の

暴風。台風の名はチャーミー。

 

しかし13時頃日本橋の空は晴れていた。

Xはランチの後神田駅北口から中央通りを銀座方面に向かって歩いた。やや蒸し暑いので上衣を脱いだ。

神田駅から6,7分で日本橋三越に着く。まず福徳神社に参拝した。参拝の意味は自分でもわからない。  更に中央通りを進むと9/25日新館がオープンした  高島屋に到着した。折角なので店内をふらついて見た。オープンして最初の日曜日だったせいか随分混雑していた。

神田神保町まで行く予定だったがチャーミーに襲われると困るので丸善の辺りまで行ってから地下鉄に乗り早々に退散した。

 

ARKクラシックス


f:id:gaganbox:20181010205831j:image
f:id:gaganbox:20181010205946j:image
f:id:gaganbox:20181010210011j:image

ARKとは赤坂と六本木の繋ぎ目のことを

言い、赤坂1丁目から六本木1丁目にかけて

の複合施設をARKヒルズと呼ぶ。

サントリーホールカラヤン広場、森ビル、

ANAインターコンチネンタルホテル東京

多くの施設がある。

春にはスペイン坂から桜坂まで続く沿道に

ソメイヨシノが咲き誇る。

 

この秋10月5日からヒルズ各施設でクラシックコンサートが行われている。

 

6日 X はサントリーブルーローズホールで行われたピアノトリオコンサートを視聴した。

ラフマニノフ(1873-1943)のヴォカリーズ、

ショスタコーヴィチ(1906-1975)の2つのヴァイオリンとピアノのための5つの小品と

ピアノ三重奏曲第2番ホ短調の3作品。

 

ロマノフ王朝崩壊後、レーニン率いる

ボルシェヴィキによる10月革命(現暦年では11月)が1917年起こり、後1922年世界初の共産党政権国家ソビエト連邦が樹立され、1991年のゴルバチョフ政権まで続く。

 

ヴォカリーズは1912年の作、歌詞の無い

母音のみの歌曲であることから様々な

ヴァリエーションで演奏される。

今回の演奏はピアノ三重奏曲用に編曲されたものによる。

ラフマニノフは革命政権を嫌い、北欧デンマークからアメリカに亡命する。

気難しいがリストの様に長身で手の大きい

彼はピアノの名手でもあり、アメリカでは

ピアニストとしても活動する。彼自身の演奏録音も多く残されている。作曲では短調の曲が多く、とりわけニ短調を好んだ。

 

ソ連という社会主義国家の圧政もとで、作曲せざるをえなかったショスタコーヴィチ

交響曲など国家国民の目に触れやすいものは体制に合致した作品を書くことを余儀なくされた。従わなければ粛清される恐れがあったから。

しかし室内楽では自身の思想や信条を自由に反映した浪漫溢れる曲が多く、20世紀の作曲家でありながら寧ろ19世紀のロマン派の系譜を想わせる。

 

スターリンの死後その抑制の度合いは軽減され、自由に作曲できるようにはなったもののサンクトペテルブルクで生れた彼は終生ソ連で過し生涯を終えた。

ショスタコーヴィチのピアノとヴァイオリンための5品の小品の内、プレリュードは哀感に充ちたメランコリックな旋律が胸を打つ名品。

軽快なリズムの中に哀調を帯びたワルツは美しく心に響き、流麗で哀感漂う有名なジャズ組曲第2番ワルツを連想させる。

最後のピアノ三重奏曲第2番作品67ホ短調

は急逝した友人に捧げられた曲で、

哀しみを湛えた重厚でロマン溢れる名曲。

 

2枚目の写真はサントリーホールで演奏中の

ものをカラヤン広場で映し出したもの。

曲目はチャイコフスキーの絃楽セレナーデ

 ハ長調

3枚目は飛び入り出演した、ザ・ベース・

ギャング(コントラバス四重奏)の生演奏の

様子。

後半のスクリーンビューは辻井伸行

ベートーベンのピアノソナタ第14番

嬰ハ短調月光、ユーリバシュメット指揮

によるモーツァルトの名曲、ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲変ホ長調K.364。

k364は第1楽章ホ長調の明るく華やかな曲調

が終ると、第2楽章はハ短調となり愁いを

帯びたヴィオラとヴァイオリンとの調べで

で始まる。深い悲哀に充ちたこの第2楽章は

胸を抉られるかのように切ない。

音楽三昧の半日だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

向ヶ岡


f:id:gaganbox:20181007154900j:image

 写真は東大弥生門

正面は工学部3号館

 

不忍通りを根津方面に向かい歩き、東天紅の手前を左に曲がると無縁坂がある。森鴎外の雁という小説で主人公の友人岡田は主人公と同じ医科大学(現東大附属病院)がある鉄門近くの下宿に住んでいた。

この下宿を出て無縁坂を下り不忍池を周り上野の森を歩いて帰って来る散歩をほゞ毎日定刻通り繰り返していた。

右手には岩崎邸(現在は東京都所有)がある。

美男子の岡田がその無縁坂沿い岩崎邸の

向かいに住む高利貸の囲われ女に惚れらるという淡い恋の物語である。女は岡田を好ましく思い散歩する彼を窓から見ていた。

気が付いた岡田も帽子を取り、女に挨拶するようになる。美しい女の顔は紅に染まる。

ふとした事件で一度だけ言葉を交わすが

言葉を交わすのはそれ切りである。

岡田がドイツに留学することが決まる直前

岡田と主人公がやはり無縁坂を下りて行くと

じっと岡田を見つめる女の姿があった。

数日後主人公が学校から帰ると岡田の姿は既になかった。留学へ旅立ったのである。

女は去る事件のお礼を言うことも出来ず、

岡田とは窓の格子を通した覚束無い不言の交際のまま終わる。

 

無縁坂を通り思い出した小説である。

作者の森鴎外は本名 森林太郎といい、

医学博士、軍医総監でもあった。

この権威か陸軍、海軍の脚気騒動を

引き起こすのだが...

 

不忍通りに戻り、横山大観美術館前を過ぎ

左に入ると暗闇坂がある。麻布十番にも同じ坂名があり他にも20件程あるらしい。

緩やかな坂の途中には弥生美術館や竹久夢二美術館があり、この地から根津にかけての

崖際に縄文とは異なる土器が出土したことからそれ等は弥生式土器と名付けられた。

 

本郷側には上写真の弥生門があり東大

本郷キャンパスとなる。

 

暗闇坂を登り詰めると言問通り

突き当たるがこの少し高くなった丘陵地を

向ヶ岡といい、かって旧制一高寮があった。

「清き心と益良雄が剣と筆とをとり持ちて

  一度立たば何事か人生の偉業ならざらん...

  向ヶ岡にそそり立つ五寮の健児

  意気高し...」

 

日本男子が尚武の心意気に満ちていた頃の

遠い昔の話である。