六本木のドイツレストラン ツムアインホルン

泉ガーデンタワー南北線の六本木1丁目駅と直結している。エスカレーターを昇り切ると泉通りに架かるいすみ橋に出る。

桜はすっかり散ってしまったがこの橋の上から見る桜並木も都区内花見名所の1つである。筆者は3年前の満開時に訪れたが光の演出で浮かびあがる夜桜も幻想的だった。

〈2019年の夜桜〉
f:id:gaganbox:20220503174940j:image

 

以降は2022年4月

泉ガーデンタワーのオブジェ〉f:id:gaganbox:20220423170312j:image

〈アーバンコリドール〉

f:id:gaganbox:20220423170334j:image

〈泉はしと躑躅
f:id:gaganbox:20220423170414j:imagef:id:gaganbox:20220423170428j:imagef:id:gaganbox:20220423170449j:imagef:id:gaganbox:20220423170500j:image

泉屋博古館東京〉
f:id:gaganbox:20220423170527j:image

〈泉通り〉
f:id:gaganbox:20220423170605j:image

永井荷風が20年間住んでいた泉偏奇館跡

泉ガーデン内にある〉
f:id:gaganbox:20220423170625j:image

 

〈御組坂〉

江戸幕府御先手組(おさきてぐみ)は戦時に

先頭部隊となり常時は火付盗賊を取締る任に当たっていた.

南側に屋敷が在ったことから坂の名となった.

 

泉通りからこの坂を登ると六本木ファーストビル前に至る.
f:id:gaganbox:20220423170945j:image

スウェーデン大使館前〉
f:id:gaganbox:20220423171608j:image
〈左が仙石山森タワー右がファーストビル〉
f:id:gaganbox:20220423171016j:imagef:id:gaganbox:20220423171042j:image

〈ドイツレストラン・ツムアインホルン〉

ファーストビル地下1階にある.
f:id:gaganbox:20220423171110j:imagef:id:gaganbox:20220423171125j:image

ランチコース

〈前菜〉
f:id:gaganbox:20220423171147j:image

〈グラッシュスープ〉
f:id:gaganbox:20220423171158j:image

〈メインのローストビーフ
f:id:gaganbox:20220423171210j:image

〈デザートと珈琲〉
f:id:gaganbox:20220423171252j:image
f:id:gaganbox:20220423171308j:image

ヨーロッパ有名各店で修行を積んだオーナーシェフは日本へ帰国後他店レストランのシェフを経て1994年ツムアインホルンを開業した。

クラシック音楽にも造詣が深く、バッハ、ハイドンモーツアルトベートーヴェンブラームスワーグナー等11人の作曲家の生立ちやその後の活躍及び彼等が食したと考えられる料理に関して著した書物も出版している。

開店は11:30なので10分過ぎに入店した。

入店が早かったので席は空いていたが、既に5,6席は予約済の状況だった。

更に続々と客が入り直ちに満席となった。

何組かは入店出来なかったようだ。

名物のアスパラガスの季節になると更に忙しくなるようで長年この地で営業を続けている名店の力量が感じられる。

時間があればシェフと音楽のことなど話してみたかったが料理に忙殺されていたシェフは今回厨房から出ることはなかった。